展覧会

exhibition

開催予定の展覧会

絵本作家たかいよしかず展 | 企画展
  • 2024.

    7.27

  • 10.27

絵本作家たかいよしかず展

絵本「ようかいむら」シリーズや「怪談レストラン」のキャラクターデザインを手掛けた、たかいよしかず氏の展覧会。一つ目小僧や河童などの日本妖怪から、ドラキュラや狼男といった西洋妖怪まで、かわいいイラスト作品とともに特徴や逸話をお楽しみください。
本展では、「ようかいむら」とあわせて、日本の鬼瓦や、タイに伝わる幻獣のノラシンガ、中国の何でも食べてしまうバケモノの饕餮(とうてつ)など、ちょっと怖い屋根のキャラクターもご紹介します。

美術鑑賞の「さしすせそ」展 | 館蔵品展
  • 2024.

    11.30

  • 2025.

    2.9

美術鑑賞の「さしすせそ」展

作品と向き合うための「鑑賞」をテーマにした展覧会。時代や技法の枠組みを離れ、主題さえも保留にしながら「さしすせそ」の連なりのもと当館収蔵品を紹介します。
「さしすせそ」は味つけなどの順番を覚えるための語呂合わせで用いられます。本展では鑑賞の視点のヒントとして、さ=作品、し=色面、す=スケッチ、せ=線描、そ=想像力で分類。作品を思考するキーワードによって、作品がもつ魅力と豊かな世界観を再発見する試みです。

過去の展覧会

これまでに開催した展覧会について
アーカイブしています。

Re:ART
美術館のある街

当館では、展覧会の関連事業として各分野で活躍する方を講師に招き、様々な事業を開催してきました。ゲスト講師が感じた高浜市や展覧会を記録することで、アートを再構築するとともに、美術館のある街のいまを紡ぐ試みです。

2020年度

2021.03.21 永瀬正敏写真展《bloom》
Masatoshi Nagase Photographic works in TAKAHAMA

詳細を見る

2018年度

2018.08.31 荒木信雄さん
『社会もグラデーション』

詳細を見る

2018.12.24 稲垣えみ子さん
『表現は苦しみ、苦しみを共有する手段としてのアート』

詳細を見る

2017年度

2017.09.10 ドリアン助川さん
『全て移り変わる中で生き続けるいのち・作品』

詳細を見る

2017.10.21

高山なおみさん
『絵本はほんとうのことしか書けない』

中野真典さん
『絵は毎日変わる』

詳細を見る

2018.02.25 周防正行さん
『映画とは他者への窓、他者とは世界』

詳細を見る

2018.02.25 阿武野勝彦さん
『ゆっくりゆっくり、作り続けていきたい』

詳細を見る