展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • 交通アクセス
  • Facebook
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

第22回 日本陶芸展

加藤清和「藍三彩 1301」第22回大賞・桂宮賜杯 2013年

 日本陶芸展は、あらゆる陶磁器作品を対象とした日本最大規模の公募展です。「実力日本一の作家を選ぶ」というコンセプトのもと1971年に創設されて以来、隔年で開催され、今回で22回目を迎えました。
 展示のうち、公募部門は第1部(伝統部門)、第2部(自由造形部門)、第3部(実用部門)に分かれています。審査員は陶芸家ではなく、美術評論家や研究者を主体としており、公平で開かれた審査が特徴です。かつての審査員には川端康成、白洲正子、谷川徹三なども名を連ねていました。
 今回は計662点の応募作品の中から、厳正な審査を経て、134点の入賞・入選作品が選ばれました。これに招待部門として重要無形文化財保持者(人間国宝)2名を含むベテランの陶芸作家による15点と、今回は第1回展優秀作品賞受賞者のゲルト・クナッパーの追悼作品1点を加えた、計150点の作品を展示します。
 伝統的な器から前衛的な作品、実用性を重んじたクラフト作品まで、文字どおり日本の陶芸を網羅する作品展です。日本陶芸界最高水準の美と完成度の競演を、多くの皆様にご高覧いただければ幸いです。

会期 平成26年1月25日(土)〜3月9日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館、毎日新聞社
後援 文化庁、愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、
NHKプラネット中部、名古屋鉄道株式会社
協賛 特別協賛:TOTO
観覧時間 午前9時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
観覧料 高校生以上600円(480円)、中学生以下無料
※( )内は前売り、高浜市内居住者および20名以上の団体料金
※75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、各種割引あり
※観覧券は当館のほか刈谷市美術館(前売のみ)、チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブンでも
 販売(1月24日(金)まで前売り料金、会期中は当日料金)【Pコード766-002】
休館日 月曜日

関連イベント一覧

大阪市立東洋陶磁美術館館長との作品鑑賞会

日時
2月16日(日)午後2時〜
講師
出川哲朗氏(大阪市立東洋陶磁美術館長)
場所
展覧会会場
参加費
無料(ただし当日観覧券が必要)
募集人数
40名(先着順)
申込
1月16日(木)午前9時より、電話にて受付します。

伝統工芸士の陶芸創作実演「ヨリコによる大物づくりを見学!」

日時
2月2日(日)午前10時〜正午
講師
前川賢吾氏(陶芸家、伝統工芸士・常滑市無形文化財保持者)
場所
2階陶芸創作室
参加費
無料
申込
不要

「やきもの・出合いがしらの座談会」

日時
2月23日(日)午後1時30分〜
講師

コーディネーター:大長智広氏(愛知県陶磁美術館学芸員)
出 席 者:梶川俊一郎氏(三州鬼師)、片岡秀美氏(伝統工芸士)、中島 完氏(陶芸家)、
     水野半次郎氏(瀬戸本業窯7代目)、山田想氏(陶芸家)
場所
3階講義室
参加費
無料
募集人数
60名(先着順)
申込
1月23日(木)午前9時より、電話にて受付します。

ひなまつりちいさなワークショップ「小さな紙雛をつくろう」

日時
3月2日(日)午前10時〜正午、午後2時〜4時に随時開催
講師
当館学芸員
場所
1階ロビー
参加費
無料
申込
不要

音楽ワークショップ「トーンチャイムの音色を楽しもう」

日時
2月9日(日)午後1時30分〜3時30分
講師
RAKUDAチャイムクワイア
場所
3階講義室
参加費
無料
募集人数
小学生以上 20名(先着順)
申込
1月11日(土)午前9時より、電話にて受付します。

ロビーコンサート

日時
2月22日(土)午後2時〜
2月23日(日)午前11時〜
場所
1階ロビー
参加費
無料

ギャラリートーク

日時
3月1日(土)午後2時〜
講師
当館学芸員
場所
展覧会会場
参加費
無料 (ただし当日観覧券が必要)